コンセプト

たつの歯科医院 診療コンセプト

たつの歯科医院では、患者さんの健やかな生活のために以下のような診療コンセプトを掲げ、日々の診療にあたっております。

診療コンセプト

高度な歯科医療を提供する総合歯科クリニック

たつの歯科医院が目指す「総合歯科クリニック」とは、虫歯や歯周病はもちろんのこと、咬み合わせや顎関節など、口腔内の健康に影響する要因について、総合的な解決策を提案できる歯科医院のことです。

高いレベルの総合歯科医療を実現するために、当院ではまず大学病院と同様の診療システムを確立させています。そうすることで、安心安全な治療のご提供が可能になり、これまでドクターの勘や経験に頼らざるを得なかった難症例にも対応できるようになったのです。

総合歯科医療を実践する為の取り組み

①精密検査の推奨
痛みなどの問題を抱えた歯を早期に処置することは大切な事です。しかし、お口の中の症状や病気は、総合的に捉える必要があります。たとえば、「歯周病で歯がぐらつく」という訴えで来院された患者様。しっかりと精密検査を行えば、かみ合わせの力が影響を及ぼしているというケースがあります。木を見て森を見ずの例えのようにならない為に、大切なのはトータルでお口の中を診ること。したがって、本格的な治療を開始する前に、お口の精密検査をすることを推奨いたしております。

②症例検討会の実施
当院では診断をおこなう際、多くの専門家の意見を反映させます。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の意見を含めた集学的かつ総合的診断を実践しております。様々な職種の専門家の意見が注がれることにより、見えなかったことが見えたり、発想の転換をすることにつながり、新たな問題が発見されることがあります。その結果、患者様への治療上の還元へつながることを私たちは確信しております。

③専門家によるトータルアプローチ
歯科治療と一口に言ってもそれぞれ専門分野があり、一般歯科、審美歯科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科、口腔外科と細かく分類されます。この全てを網羅し、かつクオリティーが高い治療が出来なければ、患者様へ提案する治療の選択肢を狭めてしまうことになります。
  しかし、一人の歯科医師があらゆる分野の治療レベルを高く保つために知識や技術を身につけ、正しい治療計画を立てられるだけの判断力を持つことは、治療の多様化など様々な理由から限界があるといのうが正直なところです。しかし、複数の歯科医師が、それぞれ得意とする分野で知識と技術を生かし、チームで治療に当たることができれば、総合力は上がり、安定した治療が実現できるのではないでしょうか。当院では、歯科治療における総合病院をめざし、7名以上の歯科医師が力を合わせて治療に取り組んでおります。

治療実績

大阪市生野区に開業して30年、その間、知識・経験に基づいた最善のインプラント治療をご提供し続け、これまでに7,000本以上ものインプラントを植立。他にも、矯正治療・審美歯科治療などにおいても多くの実績を残しております。

設備力

院内には、CTやセレックなど高性能の最新設備を備えており、歯科技工室も設けてあります。また、自費ルームにおいては快適性やプライバシー保護などに十分配慮しておりますので、安心して治療を受けていただけます。

人材力

当院にはデンタルコーディネーターをはじめとし、インプラントコーディネーター・予防専門チームなど各分野に特化した専門家が常駐しております。何かお困りのことがあっても迅速・的確に対応いたします。

安全に対する取り組み

「安全」は医療現場にとって必要不可欠なものです。基本的な安全が確保されなければ、高度な治療技術もまったく意味をなさないという事実から私たち歯科医療従事者は目をそらしてはいけません。当院を利用していただく患者様には、不安を抱えて治療を受けて頂きたくありません。そこで当院の院内感染対策についてご紹介致します。

適正在庫管理

適正在庫管理

使用頻度の高いタービンなどの診療機器は、患者様ごとに交換するには診療チェアの倍程度の本数を揃えなければなりません。ただし、滅菌すれば劣化や故障が著しく増えますので、当院では常時3倍以上の在庫をストックしています。

廃棄管理システム

廃棄管理システム

患者様のお口の中に入るものは、可能なかぎり使い捨て製品 (エプロン、コップ、グローブ)を使用しています。当然、スタッフ全員がグローブを着用し、患者様ごとにグローブを交換しています。また、注射液や注射針、血液が付着したガーゼなどが他の患者様に触れることがないように、安全な廃棄処理を実施しています。

滅菌管理システム
①EO水殺菌(2台設置)

①EO水殺菌(2台設置)

診療器具を高圧蒸気滅菌する前の予備殺菌として酸化電位水を利用しています。酸化電位水は殺ウィルス作用と殺菌作用があります。

②超音波洗浄(2台設置)

②超音波洗浄(2台設置)

診療器具には、目では確認できない汚れが付着しています。この汚れが落とせていないと、滅菌をしても完全でない場合があります。当院では超音波洗浄を行った上で、高圧蒸気滅菌をしています。

③タービン洗浄(1台設置)

③タービン洗浄(1台設置)

タービン等の診療機器は、歯を削るため、内部に虫歯菌や歯周病菌、唾液や血液が付着します。内部構造が非常に複雑なタービンを洗浄するためには、専用洗浄器が必要です。洗浄後に必ずオートクレーブで高圧蒸気滅菌を実施しています。

④高圧蒸気滅菌(3台設置)

④高圧蒸気滅菌(3台設置)

オートクレーブを用いることで、高温高圧の環境下で診療器具や機器についている細菌・ウィルスを完全に死滅させることができます。一度、診療台に置いた器具・機器は使用しなかった場合でも必ず滅菌管理をしています。

⑤キャビネット(2箇所備付)

⑤キャビネット(2箇所備付)

オートクレーブで滅菌済みの診療器具や機器を、殺菌灯のついたキャビネットで保管しています。診療に使用する直前に出しますので、無菌の状態で患者様に使用しています。

空気浄化システム
①口腔外バキューム(2台導入)

①口腔外バキューム(2台導入)

歯を削ったり、被せ物を調整する時に、歯の削りカス、金属片、唾液、血液など、目に見えない細かい粉塵が飛び散ります。こうした粉塵が広がってしまわないように、口腔外バキュームを導入しています。

②医療用空気清浄器(3台備付)

②医療用空気清浄器(3台備付)

口腔外バキュームで捕捉されずに、飛散した粉塵やウイルスは空気中の浮遊微粒子に付着して回遊します。これら微粒子を医療用空気清浄器エアロクリーンが電気集塵方式で捕捉することによって大部分の細菌・ウイルス類を取り除くことができます。
口腔外バキュームと医療用空気清浄器で診療室内の空気をクリーンにし、快適な診療室をつくります。

院内感染管理スタッフ

院内感染管理スタッフ

安全な環境を整備したとしても、院内感染対策を実践するスタッフの意識が低く、適切な作業を怠れば安全な環境を維持することは出来ません。したがって、院内感染対策の徹底をインフェクションコントロールスタッフ2名(院内感染管理スタッフ)が監督しています。

適正在庫管理・廃棄管理システム・滅菌管理システム・空気浄化システム・院内感染管理スタッフ。これらにより、辰野歯科医院の診療室はいつも安全で清潔な環境が保たれているのです。