一般歯科・小児歯科

  • 一般歯科
  • 小児歯科

最適な虫歯治療をご提供します~一般歯科~

一般歯科では主に虫歯治療を行います。虫歯は初期症状に乏しく放置されがちですが、放置していても自然に治癒することはありません。虫歯かな?と思われる症状がありましたら、お早めにご来院ください。

虫歯になる原因と予防

原因 予防行動

虫歯菌
口腔内に潜む虫歯菌によって虫歯は引き起こされます。 日々のブラッシングを丁寧に行って、虫歯菌の数を減らしましょう。

糖分
虫歯菌は口腔内の糖分を栄養にして「酸」を排出します。この酸が歯を溶かしていくのです。 糖分の多いものを摂取しすぎないようにしましょう。

ブラッシングまでの時間
虫歯菌は食後30分くらいから動きが活発になります。特に就寝時はだ液の分泌が減るので、虫歯になりやすくなります。 食後はなるべく早くブラッシングするようにしましょう。特に、就寝前はしっかり行いましょう。

歯質
歯の虫歯に対する抵抗力やだ液の分泌量には個人差があり、歯質が弱いと虫歯になりやすくなります。 虫歯になりやすいという自覚がある方は、特に念入りなケアを継続するほかに、定期検診の受診を心掛けましょう。

虫歯の段階別症状とその治療法

  • C0
  • C1
  • C2
  • C3
  • C4

※画像をクリックすると画像が切り替わります。

虫歯の段階

歯の表面が白く濁っています。痛みなどはありません。

治療法

適切なブラッシング・フッ素塗布などで治癒が期待できます。

虫歯の段階

歯の表面が黒ずんでいます。冷たいものがしみることがあります。

治療法

虫歯部分を削って、レジン(歯科用プラスチック)を埋めます。

虫歯の段階

歯に穴があき、しみる・痛むなどの症状があります。

治療法

虫歯部分を削って、詰め物をします。

虫歯の段階

何もしていなくてもズキズキと痛みがあります。

治療法

根管治療を行い、被せ物をします。

虫歯の段階

歯の大部分が溶けてしまい、痛みを感じなくなりますが、放っておくと再度痛みます。

治療法

ほとんどのケースで抜歯となります。

たつの歯科医院の虫歯治療

3Mix法

3種類の抗菌剤を歯に塗布することで、虫歯菌を無菌化する治療法です。感染組織をできるだけ除去せず、人が本来持っている生体の自然治癒力を活かして病巣組織を修復させながら虫歯を治療していきます。歯を削る量を抑えることができるうえ、痛みはありません。

根管治療

重度の虫歯に対して行う、歯を残すための治療法です。歯の神経や血管が入っている根管内を洗浄・消毒し、薬剤を詰めて芯(コア)を立て、最後に被せ物をします。

~日頃からのメインテナンスを大切に~

歯を削ると歯の寿命を縮めてしまいます。健康な歯を維持していくためには、毎日のケアと虫歯の早期発見・早期治療が大切。当院の予防歯科で定期的なメインテナンスを受けましょう。

ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療は、オゾンを歯に照射することで、虫歯を殺菌する治療法です。 従来の治療のように歯を削る治療ではないので治療を嫌がるお子様に有効的です。 この治療法は歯の再石灰化を促すので、歯の予防効果も期待できます。 ただし、初期の虫歯に限ります。日頃からの予防メインテナンスを心がけましょう。

予防歯科

子供の歯を守りましょう~小児歯科~

子供の歯は抵抗力が弱いため、虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。とはいえ、子供は自身だけでは十分なケアはできません。子供の歯を守るためには、保護者の方が代わって予防してあげる必要があります。

たつの歯科医院の小児歯科治療

歯みがき指導

お子さんの年齢や理解度に応じて適切なブラッシング方法を指導いたします。また、保護者の方には仕上げみがきの方法をお教えします。

フッ素塗布

歯質を強くするフッ素を歯に塗布します。定期的な塗布が効果的です。

妊娠中のお母様へ

~妊娠中のお母様へ~

妊娠中はホルモンバランスの変化に伴い、口腔内のトラブルを招きやすいもの。特に、妊娠性歯周炎は早産・低体重児出産のリスクが高まるため、注意が必要です。つわりが辛いときは、ブラッシング方法を工夫したりフッ素入り食品を活用したりして対応しましょう。

また、ストレスをできるだけためないことも大切です。当院では妊娠中の方でも快適に治療が受けられるよう最大限の配慮をしております。なお、来院の際は妊娠している旨をお伝えください。

お子さんが健康な歯でいられるためには、歯科医院で定期的な検診を受けることが重要です。

予防歯科