予防歯科・歯周病治療

  • 予防歯科
  • 歯周病治療

病気にならないために~予防歯科~

虫歯や歯周病といった病気は細菌感染によって引き起こされるもの。つまり、しっかりと口腔内ケアができていれば予防可能といえます。当院の予防歯科で、虫歯・歯周病とは無縁な生活を送りましょう。

たつの歯科医院の予防歯科

当院が実施する予防歯科メニューをご紹介します。当院では、担当衛生士が個々の患者さんに適したケアを実施いたします。

ブラッシング指導

個々の口腔内の状況に合わせて適切なブラッシング方法を指導いたします。

PMTC

専用の機器を用いて歯をクリーニングしていきます。日頃のケアでは除去できない汚れまできれいに落とします。

かみ合わせチェック

かみ合わせの乱れは口腔内疾患を引き起こすだけでなく、全身にも影響を及ぼします。かみ合わせに問題がないか定期的にチェックします。

生活習慣の指導

不規則な生活習慣・喫煙習慣などがないかお伺いいたします。健全な口腔内環境を維持するには、健全な生活習慣が必要です。

~定期検診でトラブルを防ぎましょう~

虫歯や歯周病は自覚症状が乏しいため、初期の段階で発見するには定期的にプロの目でチェックする必要があります。病気の早期発見は、治療における身体的・金銭的負担を軽減できます。

安全・確実な方法で行います~歯周病治療~

歯周病は進行すると歯が抜け落ちてしまうことがある怖い病気です。歯周病治療の基本は、病気の原因となっているプラーク・歯石を除去すること。ここでは当院が行う歯周病治療をご紹介します。

歯周病の進行段階

  • 歯肉炎
  • 軽度歯周炎
  • 中等度歯周炎
  • 重度歯周炎

※画像をクリックすると画像が切り替わります。

歯肉炎

歯ぐきに軽い炎症が起きており、ブラッシング時などに出血することがあります。

軽度歯周炎

顎の骨が溶け始めており、歯ぐきに腫れが生じます。冷たいものがしみる・口臭が強くなるなどの症状があります。

中等度歯周炎

顎の骨が半分以上溶けており、歯ぐきの腫れ・出血・グラつきなどが見られます。

重度歯周炎

さらに顎の骨が溶けて歯のグラつきがひどくなり、歯根の露出や膿の排出などが見られます。

たつの歯科医院の歯周病検査・治療

当院ではさまざまな歯周病検査を行い、進行段階に合った治療を実施しております。

検査
歯周ポケット検査 専用器具を使って、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の長さを測ります。長さが長いほど歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 歯をつまんでどのくらい歯が揺れるかを調べます。揺れの度合いが大きいほど歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨全体の状態を確認します。骨密度から歯周病の進行具合が把握できます。
歯周ポケットそうは術

局所麻酔をしたうえで、歯周ポケット内のプラーク・歯石を除去します。

フラップ手術

局所麻酔をしたうえで、歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯根部に付いたプラーク・歯石を除去します。

~歯周病予防で健康体を維持~

歯周病は口腔内だけの問題にとどまらず、全身に波及し心臓病・肺炎・糖尿病の悪化・早産などを引き起こすことがあります。全身疾患を起こしてしまう前に適切なケア・処置を行って、歯周病にならない口腔内を目指しましょう。